北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!

<  2005年 01月   >この月の画像一覧

  • 【シンセ・カーダ】TOTO or INAX
    [ 2005-01-24 23:43 ]
  • 【シンセ・カーダ】営業マン以外の決め手
    [ 2005-01-23 23:22 ]
  • 【シンセ・カーダ】照明プランニング
    [ 2005-01-12 14:49 ]

【シンセ・カーダ】TOTO or INAX

 トイレを決めねばならない。TOTOINAXか?どっちでもいいんだけど・・とは思ったが、一応、新宿のショールームに行った。どちらも新宿のエルタワー内にあるので便利。
 まずはINAXへ。案内係の女性に丁寧に説明してもらう。サイフォン式とネオボルテックス式の違いを実際に見ながら説明を受ける。なるほどサイフォンの方が吸引力が強いが最後にボボッと大きな音がする。トイレが寝室の隣の場合は一応、配慮したほうが・・とアドバイスを受ける。ネオボルテックスは吸引力では負けるが便器自体はコンパクトだ。帰りにカラー見本をもらった。非常に丁寧でわかりやすくて満足。洗面台もINAXの予定なので、現物を確認。
 次はTOTOへ。こちらの案内係の女性は新人らしく頼りない。名刺を出して挨拶もしないし・・・。カラー見本も「ください・・」と言わないと出してくれない。トイレもINAXのように竜巻型に水が流れない。周辺からまっすぐに流れるだけだ。かっこ悪いし、汚れがすじ型につきそうだ。うむ、これはトイレはINAXに決まりだな。
 結局、リビングのある2階にはウォシュレット付きのTOTOサイフォン型を、寝室のみの1階にはウォシュレット無しのINAXネオボルテックスにした。2階もINAXにしたかったのだが、価格的にTOTOがかなり安かったので・・・。1階INAXは感じのいい案内係の方に報いるとう意味で・・・。
 自宅のトイレがTOTOなのかINAXなのかも今まで気にしなかったのに、いつの間にかこだわりのセレクトになってしまった。本当は予算があったらタンクレストイレがよかったなぁ。横から見たガンダムの顔に似ている便器で、我が家ではガンダム便器と命名。トヨタホームの営業マンに「ガンダムトイレって高いですね」と思わず言ってしまったら、「ああ、タンクレスですね。」と一発で解るあたり、年代が近い営業マンならではか・・。
 それにしても最近のトイレはすごい。癒しの空間を演出・・・とかでMP3データをSDカードで便器に挿して、音楽を流す。先行したINAXをTOTOは著名な演奏家を投入して巻き返しを図る・・・。競うポイントがいろいろあってトイレメーカーも大変ですね。
■  [PR]
by naturaldrift | 2005-01-24 23:43 | 自宅新築(シンセ・カーダ)

【シンセ・カーダ】営業マン以外の決め手

 ハウスメーカーを決める前、引渡し直前の家を何度も見学した。建築家の名がつけられた某大手メーカーの家を見学したときは、入ったとたんにシンナーのような匂いが鼻につき、一気にモチベーションが下がった。また、モデルハウスとのギャップがありすぎる家(建売と変わらないような感じ)など、現物を見るのは非常におもしろい。この建築主とは気が合うだろうな・・とか。

 トヨタホームは3棟見た。どれも「おお、いいなぁ」という感動はないものの、不可もない。モデルハウス自体があまり立派でないので、ギャップを感じないのかも・・・。正直、松戸の住宅展示場でシンセカーダを見たときは、頼りなく感じた。重厚な他社モデルハウスの中に豆腐のような白いシンセカーダがちょこん・・・と。重厚感がないなぁ。でも隣のモデルハウスのように外壁にレンガを使ったり、大きなサッシを使ったりしたら、一体、オプション費用はいくらになるんだろう・・・と考え雑念を払った。現物をいくつか見ても、マイナスイメージがなかったことが営業マン以外の決め手だったような気がする。
■  [PR]
by naturaldrift | 2005-01-23 23:22 | 自宅新築(シンセ・カーダ)

【シンセ・カーダ】照明プランニング

 間取りも確定し、照明のプランニングに入った。トヨタホームから提案されていたものは標準的なものだったので、希望を加えていく。リビングとダイニングはダウンライトのみで、吹き抜けの階段やリビングに飾る絵にはスポットライト、庭には防犯用のライト・・・などの希望を「松下電工」のショールームで相談する。予約をしていったのだが正解。平日は空いているようだが、週末は1時間待ちとかになる。設計図をもとに希望を伝え、実際の器具を見て歩く。さらにどのぐらいの明るさになるかを専用の部屋で体験させてくれる。大変、参考になった。1週間後には、設計図にお薦めの器具が掲載されたプランが送られてきた。
 同様に小泉産業のショールームにも相談。トヨタホームでは松下電工か小泉産業の器具を選ぶようになっている。小泉産業にはカミさん1人で行き、松下電工と同様、プランが届いた。
 その後、それぞれの案を取り入れつつ、自分達のイメージを固め、カミさんが自宅のCADで簡単な図面をひいた。それで期待する照度が得られるかどうかを小泉産業の担当者に相談したが、提案した図面を変更したのが気に入らなかったらしく「どうして提案通りではダメだんですか・・」とご機嫌ななめ。一方の松下電工は素直に確認をしていただき、「いいですね!」と評価してくれた。器具は小泉産業の方がだいたい安いんだけど、ちょっとの差なら松下電工にしておこうと思った。
■  [PR]
by naturaldrift | 2005-01-12 14:49 | 自宅新築(シンセ・カーダ)